陰部の黒ずみを美白する人は多い

陰部の黒ずみが酷いなんてことはありませんか?

最近では陰部の脱毛を行なう人も多く、毛がなくなることで色が黒いことに気づく人も多いです。その為、陰部の黒ずみをなんとかして美白したいって人は増えています。

女性にとって陰部の色は深刻な悩みでもあります。

色が黒い女はヤリマンと思っている男性は非常に多く、今までに様々な調査会社やTVなどでもアンケートが行なわれています。そして、男性の多くが実際に上記のことを考えている傾向があります。

その為、彼氏に振られる経験をしている人もいれば、付き合ってはいるものの、実は男性側は遊び目的としか考えていなかったなんてこともあります。

実際に掲示板や質問版などでは男性の方が彼女の陰部が黒いから浮気されるかも知れないから、真剣に付き合うことができない!どう思いますか?などの他人に聞くようなことでもないことが質問されています。

ここでは陰部が黒い悩みを解決するための方法について紹介をしていきます。

陰部の黒ずみの原因はシミと同じ色素沈着

そもそも陰部を美白するのであれば黒ずみの原因を解消しなければなりません。いくら高額なレーザー治療をしたとしても、原因を解決していなければ効果がでないだけでなく、悪化をすることもあります。

その為、まずは原因を知ることが美白への一歩となります。

陰部の黒ずみの原因としてはメラニンが皮膚へ付着していることです。メラニンは肌への刺激から守る為に角質層内で作られ分泌がされる物質です。

しかし、色素を持っているため、皮膚に付着することで黒く見えるようになってしまいます。有名な肌トラブルのシミの原因は紫外線による刺激ですが、陰部に関しては別の要因が関係しています。

陰部を黒くする原因の刺激とは?

陰部を黒くする原因となる刺激としてはパンツの締め付けや擦れなどがあります。

おまたの部分はパンツを履くことで、蒸れやすく乾燥がしやすい状態となっています。また、汗などで雑菌などが繁殖をしやすい部位でもあります。

肌は乾燥をすることで刺激から守るバリア機能と呼ばれる働きが低下をする特徴があります。そのため、乾燥した状態へのパンツの締め付けや擦れが黒ずみの原因となってしまっています。

特に陰部に関しては皮膚の層が顔などと比べて薄くなっています。その為、刺激が奥まで伝わりやすいので、黒ずみができやすい部位となっています。

原因の解消として大事なのは保湿をして、バリア機能を高め、汗などもできるだけ吹くようにしていくことが大事となります。

たとえ未経験の処女でも黒ずみはできる

陰部の黒ずみの原因が刺激であることからも分かるように、男性経験の人数は全く関係がありません。たとえ未経験の女性だとしても陰部が黒くなってしまうことはあります。

しかし、だからと言って安心できるようなことではありません。

男性の多くが陰部が黒い女性はヤリマンと考えているだけでなく、老けて見えるなど悪い印象を沢山持っています。それどころか女性でも同じように考えている人は多いです。

その為、実際に未経験の処女であっても色が黒いことで安心ができるようなことではないのですね。

経験人数が多いと陰部は黒くなる?

男性や女性問わず経験人数で色は変化をすると思っている人は多いですが、それは本当のことなのでしょうか?

実際の答えとしては事実でもありますが、必ずしもそうではありません。

何度も性行為を行なうことで多少は刺激を与えてしまう行為をしてしまうことはあります。そのため、黒ずみの原因に多少は影響をすることもあるので、確かに黒くなる可能性はあります。

ただ、刺激は関係をしているものの、保湿がしっかりとしていれば、多少の刺激はバリア機能などの肌機能が守ってくれます。

経験人数によって陰部が黒くなる可能性はありますが、大きな要因となるのは乾燥をしていて刺激に弱くなっているかです。

陰部の黒ずみを美白するなら医薬部外品のクリームでケア

陰部の黒ずみを美白するために人気な方法としては医薬部外品のクリームを使ったケアです。
実際にAV女優のような人で乳首や陰部に使っている人も多いとも言われています。

陰部の黒ずみクリームの特徴としては美白成分と保湿成分が含まれた医薬部外品となっているだけでなく、低刺激な成分を考えて作られています。

先ほども紹介をしましたが、顔などと比べて皮膚の層が薄くなっています。また、黒ずみに悩む人の多くは乾燥をした肌のコンディションになっています。

その為、刺激を与えないクリームで美白成分と保湿成分が配合されているのを使うのが大事です。特に効き目を感じていると評判のであれば医薬部外品になってる黒ずみクリームなのですね。

美白成分で黒ずみを白くする訳ではない

そもそも美白の効果を勘違いをしている人は多いです。

美白成分は肌を白くする効果がある訳ではありません。メラニンの生成を抑制し、シミや黒ずみを防ぐ効果のある成分です。

では、黒ずみの解消はできないのかと言うとそうではありません。

肌はターンオーバーによって古い皮膚を排出して新しい皮膚を作りだしています。その為、色素沈着をしても時間が経てば角質として一緒にメラニンの付着しても排出がされます。

しかし、多くの黒ずみに悩んでいる人は乾燥をしているので、ターンオーバーの働きが低下をしていたり、原因を排除することができていません。

その為、色が黒いままとなってしまうのですね。

顔用ではなく陰部用のクリームを使う

陰部の黒ずみを美白するケアとして顔用の美白化粧品や化粧水を使うのはやめたほうが良いです。

黒ずみクリームと比べると似たような名前の保湿成分や美白成分が含まれていて、共通している成分があったりします。そのため、顔用を持っていたりするとそのまま陰部に使ってしまう人もいます。

しかし、共通している成分はあったりはしても、あくまで顔用として作られたものとなっています。

顔用の美白化粧品であれば含まれていることが多い成分としてはハイドロキノンがあります。しかし、陰部に使える黒ずみクリームでハイドロキノンを含まれていることは見たことがありません。

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれる成分ではありますが、刺激が非常に強い成分でもあるのですね。

共通している成分が多かったりするので使ってみようと考えてしまうこともありますが、陰部の黒ずみに使うのであれば、その部位に使う為に刺激を考えて作られたのを利用するようにしましょう。

人気の陰部の黒ずみクリームはどれ?

人気の黒ずみクリームとしては種類はいくつかあります。

医学誌やテレビなどにも掲載がされた『ホワイトラグジュアリープレミアム』や脱毛サロンが開発している『イビサクリーム』などがあります。

他にも化粧水タイプとして『ヴィエルホワイト』など様々なものが人気となっています。

評判が悪いのに関して紹介をするのはイチャモンを付けられたりするのも嫌なので、あえて紹介をできないのはご了承ください。

色々と人気のクリームはあるので価格や評判などを参考に選ぶようにしましょう。

実際に使用した口コミなどを参考にするようにしましょう

陰部の黒ずみクリームも種類は多く、圧倒的にひとつが人気なのではなく、いくつか評判が良いのはあります。また、全く効き目がなかったと口コミでも評判の悪いのまであります。

その為、実際に使用した人の感想である口コミなどは確認をした方が良いです。

当サイトである陰部を美白する神々の趣旨としてはクリームの口コミや紹介は避けようと思っています。本気で美白をしたい人に向けて書いているのであり、クリームの紹介をすることで、広告ではないかと思われてしまうこともあると思っています。

色々と見た感じだと『陰部の黒ずみを美白する方法やクリーム!陰部の黒ずみとさよなら』などは情報もしっかりと書かれていますし、実際に使用した口コミを紹介がされています。

使うクリームに関しては上記のような信用ができそうなサイトの口コミを参考にして選ぶと良いと思います。

最近では本当は使用をしていないサイトや販売会社のステマもあったりするので、書かれている情報があっているかなど自分で確認して信用をするようにするのがおすすめです。

最近の記事

  1. 陰部の黒ずみ薬として知られるハイドロキノンの副作用や効果
  2. 陰部の黒ずみを美白する化粧水の選び方!顔用の化粧水には注意
  3. 陰部の黒ずみにオロナインの美白効果!オロナインは黒ずみに有効…
  4. 陰部の黒ずみにピーリングの副作用!美白効果は高いが注意
PAGE TOP