美白化粧水

陰部の黒ずみを美白する方法

陰部の黒ずみを美白する化粧水の選び方!顔用の化粧水には注意

陰部の黒ずみに美白化粧水を使うって人は多いです。

黒ずみがの原因はメラニンの色素沈着なのでターンオーバーを促進させる効果と美白効果の2つを持つ美白化粧水は有効な方法となります。

そのため、様々な美白化粧水も販売がされています。

しかし、色々なのが販売されている為、逆にどの化粧水を使えば良いのか迷ってしまう人も多いです。どれが効果があるのか分からないですからね。

そのため、この記事では陰部の黒ずみを美白する際に使う化粧水の選び方について解説していきます。また、顔用の美白化粧水を使っても良いのかについて解説していきます。

美容皮膚科の高額なレーザー治療ではなく、自宅で出来る美白方法を試そうとしている人はご覧ください。

陰部の黒ずみを美白する化粧水を選ぶ4つのポイント

陰部の黒ずみを解消するために化粧水を使うのであれば下記の4つが含まれているのを選ぶようにしましょう。

  • 医薬部外品として厚生省より認可されている
  • メラノサイトまで浸透する美白成分が配合されている
  • 保湿成分が配合されている
  • 陰部用の低刺激の化粧水

美白をしたいのであれば最低限満たさなければいけない条件であり、大事な条件でもあるのが美白成分が配合されていることです。厚生省のような公的機関が医薬部外品として認可されているようなのを選ぶようにした方が良いです。

また、黒ずみの原因となるメラニンの発生源は角質層の奥にあるメラノサイトです。そのため、メラノサイトまで浸透するような成分が配合がされていないと効果は弱くなってしまいます。

陰部の黒ずみを解消するために欠かせないのが美白とターンオーバーです。古い色素沈着をした角質を剥がす為にもターンオーバーを促進させるような保湿成分は重要となります。

顔用の美白化粧水は刺激に注意が必要

顔用の化粧水をすでに使っている人は費用を抑えるためにも併用をしようと考える人も多いです。
しかし、顔用の化粧品を使うのは注意をした方が良いです。

美白化粧水であればどれも目的としている効果や効能は変わりはありません。
そのため、効果があるのには変わりはありません。

しかし、副作用が生じる可能性があります。

陰部はデリケートゾーンなんて呼ばれ方をし、肌の中でも刺激に弱い部分となっています。触ってみるだけでもなんとなく感じることができると思うのですが、皮膚が非常に薄くなっています。

そのため、刺激に弱くなっているのですね。
黒ずみの原因となるメラニンを発生させてしまう原因は刺激を与えてしまう為です。

デリケートゾーン用に作られている訳ではないので顔には良くても陰部には刺激となってしまう成分が配合されている可能性があります。

ようするに美白化粧水でケアをしているつもりが、逆に刺激から悪化させてしまう副作用が生じる可能性があるのですね。

陰部を美白する化粧水でおすすめのは?

陰部の黒ずみ用化粧水としては選び方で紹介をした4つの条件に当てはまった上で口コミでも評判が良いのを選ぶのがおすすめです。

有効成分が配合されているからひとつの成分で凄い効き目を出す訳ではありません。
配合されている様々な成分が肌に浸透して作用することで効果があらわれる訳ですからね。

そのため、実際に使った人の口コミを見て評判を確認するのも大事です。

くれぐれも高いからといって効き目が高いと安易に考えるのは止めましょう。希少な成分が配合されていればそれだけ値段も高くはなりますが、希少性があれば効き目がある訳ではありません。

肌のスキンケア化粧品を選ぶ人でここを深く考えずに無駄に高い物を購入しても効き目がないと嘆いている人もいます。

その上であえておすすめの美白化粧水を上げるのであればホワイトラグジュアリープレミアムです。ホワイトラグジュアリープレミアムは化粧水ではなくクリームではあるのですが、非常に評判も高く上記の条件も満たしています。

実際にわたしも所有をしています。

人気の黒ずみ用化粧水について詳しく知りたい方は下記をご覧ください。
陰部の黒ずみクリームランキング

関連記事

  1. オロナインの黒ずみへの効果

    陰部の黒ずみを美白する方法

    陰部の黒ずみにオロナインの美白効果!オロナインは黒ずみに有効?

    陰部が黒ずむ原因はメラニン色素が皮膚に色素沈着をしている為です。よ…

  2. ピーリングに注意

    陰部の黒ずみを美白する方法

    陰部の黒ずみにピーリングの副作用!美白効果は高いが注意

    陰部の黒ずみを即効で美白したいって人に人気の方法がピーリングです。…

  3. 陰部の黒ずみを美白する方法

    陰部の黒ずみ薬として知られるハイドロキノンの副作用や効果

    陰部や乳首など皮膚の薄い部分にできやすい黒ずみですが、薬として知られる…

最近の記事

  1. 陰部の黒ずみ薬として知られるハイドロキノンの副作用や効果
  2. 陰部の黒ずみを美白する化粧水の選び方!顔用の化粧水には注意
  3. 陰部の黒ずみにオロナインの美白効果!オロナインは黒ずみに有効…
  4. 陰部の黒ずみにピーリングの副作用!美白効果は高いが注意
PAGE TOP