ピーリングに注意

陰部の黒ずみを美白する方法

陰部の黒ずみにピーリングの副作用!美白効果は高いが注意

陰部の黒ずみを即効で美白したいって人に人気の方法がピーリングです。

ピーリングの効果は角質を排出することです。
陰部が黒い原因はメラニン色素が肌に色素沈着をしていることです。

そのため、色素沈着した古い皮膚である角質を排出することができれば色を薄くすることができるのですね。
その場で角質を排出する効果のあるピーリングは即効性があります。

陰部でもなくて良いのですが、肌にピーリングをした経験のある人であればぽろぽろ角質がはがれたのを経験したことがあるはずです。
効き目がその場であらわれるのですね。

しかし、陰部の黒ずみに使うには注意をしなければならないことがあります。
それが副作用です。

陰部の黒ずみにピーリングを使って美白しようと考えているのであれば少し待ってください。
どんな副作用が起きる可能性があるのか確認してからでも遅くないはずです。

陰部の黒ずみにピーリングの副作用

陰部の黒ずみにピーリングをした際に起きる副作用としては下記の4つです。

  • 黒ずみが悪化して酷くなる
  • 肌が乾燥をしやすくなる
  • 皮脂の分泌量の増加
  • 陰部が臭う

ピーリングをすることによって肌の角質を必用以上に排出をしてしまいます。肌は皮脂がなくなってしまうと補う為にも過剰に分泌を促すようにします。

また、皮脂の分泌量が増加するだけでなく、お股は特にパンツによって蒸れやすいので雑菌が繁殖をしやすくなります。

そのため、陰部から悪臭を発する副作用がおきる可能性があります。一時的に皮脂が無くなってしまうので乾燥をしやすくなり刺激にも弱くなってしまいます。

ピーリングを行うことも肌に刺激を与えることとなります。
陰部が黒ずむ原因からも分かるように色が黒くなるのは刺激を与えたことによりメラニン色素が分泌された為です。

そのため、黒ずみが酷く悪化してしまう副作用があるのですね。
その場で角質を剥がすのでピーリングは効果が高いといえます。しかし、副作用で肌の奥にある真皮までメラニンが色素沈着をすると美白することも薄くすることもできなくなるのでリスクが高い方法となります。

陰部は特に刺激に弱いので副作用がおきやすい

陰部はデリケートゾーンとも呼ばれます。
性器があるからと勘違いをしている人も多いですが、それだけではありません。

陰部はからだの中でも皮膚が薄くできています。
角質層など全てにおいて薄い状態となります。

そのため、刺激に弱いので黒ずみができやすい箇所でもあるのですね。
そんな場所に刺激にあるピーリングを行えば副作用が起きる可能性は高くなっています。

顔などにピーリングを行ったとしても刺激に注意して数日空けて行うなどをしなければならないのを、皮膚の薄い陰部に行えば副作用が余計におきやすくなってしまいます。

副作用の無い陰部を美白する方法

陰部の黒ずみを美白する方法はピーリングだけではありません。
副作用が無い方法もあります。

それが黒ずみクリームを使った方法です。

黒ずみクリームの効果は陰部のスキンケアです。
陰部に保湿成分や美白成分を浸透させることでメラニンの生成を抑制し、肌力を高めます。

肌が本来持っているターンオーバーの働きによってメラニンが色素沈着した古い角質を排出することができるのですね。
最近では医薬部外品となっているものも多く、陰部の黒ずみを副作用の心配をせず美白できるので人気となっている方法です。

人気の陰部の黒ずみクリームについては下記で詳しく解説をしています。
陰部の黒ずみを美白するクリームへ

関連記事

  1. オロナインの黒ずみへの効果

    陰部の黒ずみを美白する方法

    陰部の黒ずみにオロナインの美白効果!オロナインは黒ずみに有効?

    陰部が黒ずむ原因はメラニン色素が皮膚に色素沈着をしている為です。よ…

  2. 美白化粧水

    陰部の黒ずみを美白する方法

    陰部の黒ずみを美白する化粧水の選び方!顔用の化粧水には注意

    陰部の黒ずみに美白化粧水を使うって人は多いです。黒ずみがの原因…

  3. 陰部の黒ずみを美白する方法

    陰部の黒ずみ薬として知られるハイドロキノンの副作用や効果

    陰部や乳首など皮膚の薄い部分にできやすい黒ずみですが、薬として知られる…

最近の記事

  1. 陰部の黒ずみ薬として知られるハイドロキノンの副作用や効果
  2. 陰部の黒ずみを美白する化粧水の選び方!顔用の化粧水には注意
  3. 陰部の黒ずみにオロナインの美白効果!オロナインは黒ずみに有効…
  4. 陰部の黒ずみにピーリングの副作用!美白効果は高いが注意
PAGE TOP